シミトリー 副作用

MENU

シミトリー副作用の危険性|ニキビ肌・敏感肌でも使える?成分チェック

シミトリーは敏感肌の肌質の人でも安心してシミ対策ができる美白オールインワン。
肌トラブルを引き起こす副作用の心配をする必要はないと考えられます。

 

シミトリー,副作用

 

とはいえ肌質は人それぞれ。
シミトリーに限らず合う、合わないは起きてしまうためまず実際に使ってみる必要性はあると言えるでしょう。

 

シミトリーの成分の安全性

美白成分と聞くと、

 

刺激が強い
肌が弱いと使えない

 

そういったイメージを持つ人は少なくないかもしれません。
事実、美白成分であるハイドロキノンのような肌荒れを引き起こす可能性が高い成分もあります。

 

シミトリーの美白成分であるアルブチン
もともとハイドロキノンの副作用の心配がないように作られたのがアルブチンであるため安全性に関しては問題がありません。

 

シミトリーはニキビ肌でも使えるのか?

大人ニキビとシミは関係性があると言われていますので、ニキビ肌のひとがシミ対策を考えるケースは多いです。

 

しかしシミ予防はしたいけど、もちろんニキビを悪化させるわけにもいきませんね。
ニキビが悪化してしまう理由は刺激を与えてしまうこと。

 

シミトリーは添加物を配合していないため低刺激なのでニキビへの負担は限りなく低いと考えれるのでニキビ肌でもシミトリーで美白ケアはできると考えれます。

 

ニキビにダメージを与えないようにシミトリーを使う

ただ、注意したいのがシミトリーの塗り方。
もちろん成分の安全性が高くてもニキビに負担になってしまうようなシミトリーの使い方をしてしまうと意味はありません。

 

優しくニキビへの刺激を与えないようにシミトリーを塗ることでニキビの悪化を防ぎながらシミ対策ができるでしょう。

 

シミトリー